男性

口臭は災の元

口臭が起きる色々な要因

口臭があると、友人や職場の同僚との会話で相手に迷惑をかけてしまうことになります。しかし、相手気に不愉快な思いをさせるまで、自分の口臭に気付かないということが多いです。そもそも自分の口臭というのは、自分では分かりにくいものです。 そこで、ここでは口臭があるか確認するための方法についてお教えします。まずは、舌の表面をチェックしていきます。舌の表面に、白い汚れがある場合、口臭を発している可能性が高いです。この白い汚れは「舌苔」で、口の中の菌によって臭いの元を作りだしています。 その他の口臭の確認方法は、甲や手のひらを舐めてみることが挙げられます。手のひらを舐めて、しばらく乾かしておきます。乾いた際に臭いをかぐと、自分の口臭に近い臭いがします。臭いがない場合は、無臭です。しかし、臭いがある場合は、口の中がくさいと言えます。

臭いを予防する方法とは

口臭は、自分が気付かないうちに相手に不愉快な思いをさせてしまいます。なので、日頃から予防を心がけることが大事といえます。予防として一番有効なのが、きちんと歯磨きをすることです。人間というのは、20代を過ぎると歯肉が少しずつ後退していきます。そのため、歯と歯茎のすきまが広がって、食事で摂った食べカスがつまりやすくなります。食べカスが長時間にわたり口の中にあると、細菌によって臭いが発生します。なので、丁寧に歯ブラシで食べカスをとることが予防になります。 その他にも、舌みがきも予防として忘れてはいけません。舌の上の汚れである「舌苔」は、口臭の原因です。なので、毛先の柔らかい歯ブラシで、舌をきれいに保つことも大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加